中国ビジネスのススメ

語学・マナー・一般常識について

同じアジア圏にある中国は地理的には近いですが、慣習としては多くの違う点があります。
そこで、ここでは基本的な慣習について解説していきます。

マナー

握手

握手のやり方とて日本とは異なります。
特に日本とさして変わりませんが、注意点として相手から手を差し出された場合は、 握り返しましょう。
特に、女性が求めてきて、男性が握手を受けないのは失礼に当たります。
また、男性から女性に対して求めるのもマナー違反と言われています。

お土産を渡す

日本ではお土産に関して、特にうるさい慣習は無いですが、特にマナー違反として言われているのがハンカチなどの日用品は、例えブランド品であっても良くないと言われます。
逆に、予算的に余裕があるなら、デジカメなどお土産として持っていくと非常に喜ばれるでしょう。
ですが、高いものを送ったところで最終的に重要となるのはその人自身のビジネス力であると言えます。

8という数字

中国では8という数字が非常に縁起のいい数と言われています。
理由として、日本でも末広がりという言葉がある通り中国でも同じです。
ちなみに北京五輪の開催も08年8月8日の午後8時8分であったのもこの話が関係しています。
また6という数字も中国語で「リゥ」と発音するため、商売が川のように止まることなく流れていくことを表すからと言われています。

以上がビジネスに関するマナーとして知っておくとお得な話でした。