中国ビジネスのススメ

接待事情について

ビジネスに関して欠かせないのが接待ですね。
これは日本のみならず世界各国において共通な部分がありますが、中でも中国では上海が盛んであると言われています。
実際、上海には多くの日本人駐在員あるいはビジネスマンがいます。

夜のサービス

そこでは夜に過剰なサービスがなされるお店もあるようです。

実際の相場は部屋代とボトル代で一人500元~800元程度、指名したホステスにチップとして300元と日本円に換算すると1万2000円から1万8000円程度で、俗にいう「お持ち帰り」は1000元から2000元と言われています。

また慣習として、基本的にワリカンの習慣はありません。
そのため、支払い時に面倒に感じることも多いことと思います。
しかし、こちらが相手方の本拠地に訪問して商談を行う際、たいてい相手が払おうとしますが、素直に受けても失礼には当たらず、相手の面子も立てることになるため、これが一番いいとも思います。

また食事でも、日本とさして変わりませんが、一般に取り箸はないため、各自で自分の箸を使い取り分け、あるいは取り分けてくれるのが、中国の習慣ですので、これだけは馴染むようにした方がいいとも言われています。