中国ビジネスのススメ

大衆消費動向とは?

ここでは現在の中国の大衆消費動向について解説していきます。
中でも今、話題になっているクレジットカード・携帯電話について紹介していきます。

クレジットカード・携帯電話

クレジットカード

現在、中国では日本のようにVISAやJCBなどのクレジットカードが存在していないです。
もちろん買い物を行うにあたり、クレジットカードは重宝できるものであるが、まだビジネス慣習としてクレジットのようにカード会社が一時的に決済を行い、残高を超えて買い物が出来る信用取引は一般的ではないのです。
しかし、中国国内の銀行が共同運営しているカードがあって、日本とサインと暗証番号を記入するとこまでは同じであるが、違う点として、即座に銀行口座から引き落としがされるため、残高を越えた買い物が出来ない仕組みになっています。

携帯電話

こちらも徐々に普及がなされているものであり、価格・質ともに幅広いものであります。
特に中国人に人気なのはシャープの携帯であり、日本円に換算して約7万円もするものであります。
ちなみに都市部のサラリーマンの月収が3~5万であるため、月収2か月分に相当するものですが、それでも手に入れようとする人は多く存在するのが現状です。